求人に年齢条件がついている場合

求人に年齢条件がついていることがあります。例えば、「35歳以下の人に限る」といったものです。これはそのままの意味であり、35歳以下の人でなければ応募ができないということです。ギリギリ35歳の人なら、応募はできますが、やはり若い人を求めているということがうかがえるので、ギリギリ条件を満たしているという人は厳しくなるでしょう。男女を差別するような求人が禁止されていることは有名ですが、年齢の差別も基本的には禁止されています。しかし、例外的に、若年者を採用し、長期勤続でキャリアを形成することを目的としている場合などには、法律に違反しません。

求人応募の前に年齢条件を考える

今は、企業が求人の際に条件として年齢は特別な理由がなければ制限できないことになっています。性別もそうです。これは、求職者側の立場に立った決まりのようでありますが、実際には企業は、どんな人というイメージがあるでしょうから、あまり意味がありません。そのため、企業も求職者もムダな活動をすることになりかねません。それを回避するためにも求人票やホームページをよく見ることです。そこには、たくさんヒントがありますので、そこから自分で判断することが大切です。ちなみに、ハローワークの人や企業の人事担当者に直接聞いてもはっきりとした答えはもらえません。

↑PAGE TOP

Copyright © 求人の年齢条件について All rights reserved