営業職からの転職について

営業職から同じ職種で仕事を変える場合、考えるべきことは取り扱う商材についてです。商材には有形のものと無形のものがあります。例を挙げると、前者は住宅販売などで後者は広告などがあります。また、法人が対象なのか個人が対象なのかも考える必要があります。転職をするときに、有利になりやすい資格としてあげられるのが簿記検定や英語に関連する資格です。簿記検定は2級以上を持っていると有利に働きやすい傾向にあります。また、難しいレベルの英語資格を持っていれば、海外を対象にした営業を行う企業に就職するときに役立ちます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 求人の年齢条件について All rights reserved